ヘッジファンド

M&Sってどんなヘッジファンド?怪しい評判や投資方法について徹底解説…!

Pocket

M&Sというファンドへの投資に興味があるけど、投資方法がわからない…

合同会社M&Sの評判が気になる…

ヘッジファンドのM&Sで資産運用をお願いしたいけど、購入方法がわからない…

このようなことで悩んで、この記事にたどり着いたのではないでしょうか?

ネットで調べると、アクティビストファンドで利回りも高くておすすめ、といった内容の記事が出てきますよね。

管理人も投資先の候補として気になって、色々と調べました。

今回はそんな「M&S」について、管理人からみた総合評価や会社概要、ファンドを調べるときの6つの評価ポイントや、その他に気になる点についてまとめました。

パパ本田
パパ本田
M&Sへの公式ページにたどり着いても、M&Sに投資するにはどうすればいいかわからないですよね。

管理人の独自調査した内容が少しでも参考になれば嬉しいです!

その他にも私が良さそうだと思い調査したヘッジファンドは日本に22社あるのですが、その中でも特におすすめできると判断したヘッジファンドを以下よりランキング形式で紹介しています。(※もちろん私も出資をしているものです)

M&Sに投資するべき?管理人の総合評価は?

M&Sの総合評価: B
※総合評価はA~Eの5段階でAが最も高いです

項目 点数
収益性
95点
安定性
90点
将来性
80点
透明性
50点
流動性
40点
信頼性
60点

M&Sへの投資の具体的な魅力や、逆にイマイチだと感じる点を下にまとめますね。

M&Sへの投資のココが魅力!

M&Sで資産運用するときに魅力なのが、その利回りです。

ほかの記事から拾ってきた情報になるので正確かどうかはわからないですが、2016年は45.26%、2017年は27.06%の年利で運用した実績があるようです。

運用手法は国内の割安銘柄を購入するのがメインで、EDINETなどで実際に合同会社M&Sとして株を保有して大量保有報告書を提出していることは確認ができます。

EDINET・・・「金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム」のこと。

有価証券報告書、有価証券届出書、大量保有報告書等の開示書類について、その提出から公衆縦覧等に至るまでの一連の手続きを電子化するために開発されたシステムのことです。

運用残高や実際の売買のタイミングがすべて把握できるわけではないのですが、この利回りが本当ならかなり高いと言えます!

M&Sへの投資のココはイマイチ!

M&Sへの投資を考えるときに懸念するのは、とくに実績に関する情報が手に入らないところです。

もちろん情報開示義務はないので仕方ないのですが、運用成績に関しての情報が公式以外しかないとやはり不安になりますよね。

そういった観点から、透明性や信頼性の評価は少し低めの点数にしています。


ちなみにM&Sについては、公式サイトから問い合わせをしてみたのですが、下のような返信がきました。

M&S返信

どうやら2019年9月現在は新規出資の受け入れを行っていないようです。そして今後の再開予定もいまのところはないとのことです。

※2019年11月追記 新規の出資の受付を再開したようです。問い合わせを行うと、その後の面談日程の調整に関する連絡がもらえます。

もしいま手元にまとまったお金があって資産運用先を探しているのであれば、M&S以上におすすめのヘッジファンドへ投資するという選択肢もあります。

詳しくは別記事でまとめていますので、参考にしてみてくださいね!

その他にも私が良さそうだと思い調査したヘッジファンドは日本に22社あるのですが、その中でも特におすすめできると判断したヘッジファンドを以下よりランキング形式で紹介しています。(※もちろん私も出資をしているものです)

合同会社M&Sってどんなファンド?最低投資額や利回りなどを一覧でチェック!

会社概要
会社名: 合同会社M&S
本社所在地: 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル12階
代表: 内藤 昌弘
設立: 2016年5月26日
運用資産残高: 不明
出資者数: 不明
最低投資額: 1000万円?
利回り: 2016年45.26%
2017年27.06%
手数料: 不明
連絡手段: メール
公式サイト: https://ms-llc.net/

2018年に調べていた頃はネットでももっと情報があったのですが、2019年9月に記事をまとめている現在では結構なくなってしまっていました。

当時面談も行っていなかったので、不明な箇所もあって正しい情報は若干少なくなってしまいますが、もし今後面談に行く機会があれば情報を聞いてみたいと思います。

パパ本田
パパ本田
いまでもおすすめのヘッジファンドとして紹介しているブログ記事はあるのですが、詳しい情報がなかなか得られないのが現状です。

いま実際に投資している方を知っていれば、こっそり教えてください笑

管理人が投資するとき必ずチェックするファンド評価ポイント6つ!

自分の大切なお金を投資するとき、その投資先で思ったような成績が見込めるかということも大事ですし、そもそも詐欺じゃないか不安になりますよね。

管理人も実際に投資するときには、上にあげたような6つのポイントについては最低限チェックするようにしています!

公式サイトに開示されていればありがたいですが、そうでない場合にはメール・電話・直接面談などで確かめることで、投資詐欺にあってしまう確率を大きく下げることもできます。

ではM&Sについて、6つの評価ポイントで確認してみましょう。

ポイント①:利回りや配当の過去実績はどうか?

まず確認するのは、利回りや配当などの運用に関する過去実績です。

一般的な投資信託と違って、私募ファンドは情報が公開されていないことも多いので、電話や直接面談で確認することが多いです。

知り合いでやっている人もいないので正しいかどうかの裏は取れないですが、ネットのほかの記事の情報によれば2016年が年利45.26%、2017年が年利27.06%とのことです。

これが事実だとすれば、かなりの高い利回りでの運用実績があるといえます。

パパ本田
パパ本田
ちなみにですが管理人は慎重なため、少なくとも2年以上の実績がないような投資先は選ばないようにしています。

もしかすると機会損失があるかもしれませんが、運営側によほど信頼できる知り合いがいない限り、新しい投資案件に飛びつくのはギャンブルに近いと思っています。

ポイント②:マネージャーは見えるか?

2つ目の評価ポイントは、ファンドマネージャーが見えるかどうかです。

ヘッジファンドの場合、ファンドマネージャーはそのヘッジファンドの顔とも言えます。

そもそもファンドの運用成績はファンドマネージャーにかかっているため、どんな人がやっているかは重要ですし、見えると少し安心できますよね。

また、ファンドマネージャーは個人として名を馳せていることが多いので、過去に何かやらかしていれば調べれば出てきたりします。

M&Sの代表は公式でも出ている内藤氏であるのは事実ですが、ファンドマネージャーは直接教えてもらえませんでした。

他のサイトや掲示板だと別の方の名前が出ていますが、確証がもてる情報ではないのでここでは伏せておこうと思います。

ポイント③:顧客の数はどれくらいか?

3つ目のチェックポイントは顧客の数です。

1万人以上の顧客がいても詐欺だったという事件は過去にありますが、顧客の数は少ないよりは多いほうがいいです。

顧客情報については明確な数字を教えてくれないケースも比較的ありますが、だいたい予測することは可能です。

M&Sの顧客数は憶測になってしまいますが、数百人~数千人だと考えています。

集めたお金がどうやら数十億円規模のようなので、ひとりあたりの最低投資額が1000万円であれば数百人になります。

パパ本田
パパ本田
友人知人から実際の口コミを聞かないことから想像するに、妥当な規模だと思ってます。

ポイント④:オフィスが実在するか?

4つ目のポイントはオフィスが実在するかどうかです。

バーチャルオフィスで登記している場合は注意が必要になってきます。

M&Sの場合は本社が「東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル12階」となっていますね。

ここは「リージャス 赤坂アークヒルズビジネスセンター」というレンタルオフィスになっています。

プライベートオフィススペースもあるようなので、そこを借りているのかコワーキングスペースのみで利用しているかはわかりません。

プライベートオフィスに入っていれば安心はできますが、共有部分のみでの利用だと運営をどのように行っているか考えると不安になります。

M&Sへの投資を検討する場合には、遠方であったとしてもオフィスでの面談をして実態を確かめることをおすすめします。

ポイント⑤:社員が実在するか?

5つ目のポイントは、いまやりとりしている社員がその会社に実在するかどうかです。

注目度があがってくると、残念ながらその名前に便乗した詐欺師がうまれてきます。

会社がまっとうであれば代表電話があるので、そこにかけて担当者が在籍しているかを確認してみましょう。

M&Sは問い合わせメールの返信にのっている電話番号に電話をすると、たしかに内藤氏を名乗る方がでました。

登記情報などからも、内藤氏が合同会社M&Sに実在するということはたしかだと思っています。

パパ本田
パパ本田
投資を行うときには、実際に入金するときの指定口座があると思うので、それもしっかり調べるということも大切です。

振り込め詐欺に利用された口座は調べる方法もあります。預金保険機構のシステムで口座番号を調べると出てきます。

あと最近だと仮想通貨案件で、BTC送金するような案件もありますが、それでやらかしてしまうと回収するのはほぼ不可能になってしまうので気をつけましょう!

ポイント⑥:運用手法はなにか?

そして最後のチェックポイントは運用手法です。

細かいところまで知るのは難しいですし、それをしないためにヘッジファンドにお願いするのですが、およそどういった手法で運用しているかは確認しましょう。

どういった運用をしていて、どんなリスクヘッジをしているか、たとえ回答を聞いて理解ができなくても担当がスラスラと説明してくれるだけで安心にはつながります。

M&Sの運用手法は、アクティビストファンドとして日本国内の割安株を購入したのちに積極的に議決権を行使して経営を改善し、株価を上げるものだと公式サイトに記載されています。

※2019年9月時点では記載がありましたが、募集再開後は消えています。

おそらく大量保有報告書を提出している企業に入り込んでいってるとは思うのですが、10%そこそこの保有率でどれほどその企業に影響を与えているかは疑問ではあります。

もちろん実際のところはそれほど影響を与えていないとしても、割安株の見極めができて購入時より株価が上がるのであれば、M&Sに投資するという観点でみれば問題ないですけどね笑


以上、6つの評価ポイントでM&Sをみてみました!

直接面談ができていないので、実際の評価をくだすのは難しいところです…

詐欺だとか怪しいと決めつける決定的なものはないですが、違うと言い切れるわけでもありません。

M&Sにどうしても投資したいというこだわりがなければ、ほかの選択肢を検討してみてください。

その他にも私が良さそうだと思い調査したヘッジファンドは日本に22社あるのですが、その中でも特におすすめできると判断したヘッジファンドを以下よりランキング形式で紹介しています。(※もちろん私も出資をしているものです)

M&Sのネット上での評判や口コミは?

M&Sについてはネット上でいろいろな口コミがあります。

悪い口コミは個人名もまじえてかなり辛辣な内容になっていますね…

同業他社からの嫌がらせという可能性もあるので、事実かどうかの判断は管理人ではとくに行いません。

良い口コミというか、ランキングサイトなどで書かれているのは下のような内容です。

「日本株を中心に割安株へのバリュー投資を得意としている」といったものや「利回りが高くて魅力的だ」といったものです。

逆に悪い口コミは写真付きで関係者について言及されていたり、詐欺だとか返金してくれないだとかいう内容になっています。

もし事実だとしたらかなりひどいですが、実際に株の大量購入をしていてすぐに現金化できなかったり、運用益がマイナスになっている可能性もあると思います。

パパ本田
パパ本田
ネットではいろいろと書かれているので、何が事実で何が憶測かを見極めるのが難しいです。

それだけM&Sが注目されているということですね。

M&Sへの投資方法と解約方法は?

記事の序盤でもお伝えしたように、2019年9月現在においてM&Sへの投資方法はありません。

管理人が新規で出資希望をメールしたときの返信がこちらです。(上で貼ったのと同じものです)

M&S返信

新規受入の再開の目処はいまのところないようですので、ほかの方法で資産運用しておきましょう。

※2019年11月追記 新規の出資受け入れを再開したようです。

解約については、掲示板などで「いまは解約に応じてくれない」とかいろいろと書かれていますが、真偽を確かめる術がないのが実情です。

興味があれば解約のルールについてしっかり確認してみてください。

M&Sで運用益が出たときの税金は?

こちらも管理人は実際にM&Sに投資できていないのでわかりません。

ただ合同会社の社員権を購入するという方法であれば、出資額の元本以上に引き出した場合には課税対象になると思います。

適用される税率は、未上場の有価証券に対する配当所得という項目で20.42%の総合課税になるとは思うのですが、詳しくは直接M&Sに問い合わせるか税理士さんに確認をとるようにお願いします。

M&Sへの投資についての補足

M&Sについて追記するなら、2017年にAsiaHedge AwardsでNew Fund of the Yearの部門でノミネートされて最終まで残っています。

なのでいま現在の運用実績はわからないですが、過去はこういった場で表彰されるようなファンドであったことは事実のようですね。

M&Sへの投資についてのまとめ

M&Sへの投資についてのまとめ
  • 合同会社M&Sは現在新規の投資を受け付けていない→再開した
  • バリュー株投資を得意とし、大量保有報告書を出していて、実際に株の購入は行っている
  • 顧客の数や運用額、運用益の実績は現時点で管理人に確認する術がない
  • ネットの噂などについて直接面談で事実確認したほうが良い
  • いま資産運用をするのであれば、ほかのヘッジファンドを検討するのが良い

今回は気になる合同会社M&Sへの投資についてまとめました。

新規での投資方法がなくて再開目処もしばらくなさそうなので、いま資産運用をするのであればM&Sのように高いパフォーマンスが期待できるほかのヘッジファンドに投資することを検討してみてください。

※2019年11月追記 新規の出資受け入れを再開したようです。

下のボックス内のリンク先に、ヘッジファンド選びに失敗しないためのポイントや、具体的なファンドの紹介もランキング形式でしているので参考にしてくださいね!

その他にも私が良さそうだと思い調査したヘッジファンドは日本に22社あるのですが、その中でも特におすすめできると判断したヘッジファンドを以下よりランキング形式で紹介しています。(※もちろん私も出資をしているものです)